エジプトでは、ぜひデザートを

エジプトというと、すぐにピラミッドにスフィンクスが思い浮かびますが、
エジプト料理といわれるとピンときません。

エジプトを旅行した私も、思い出そうとすると
「何を食べたっけ?」となります。
それくらい、名物らしい名物の記憶がないエジプト料理です。

名物としてはコシャリという、エジプト米のうえにパスタとレンズ豆を載せ
にんにく入りの辛めのトマトソースをかけて食べる「THE炭水化物料理」や
スパイスのばっちり効いた羊肉の料理があります。

トルコ料理と少し似ているところもあって、冷たい焼きナスのマリネに
ゴマのペーストをかけて食べる料理やグリルチキン、ケバブは
とてもおいしかったです。

でも一番記憶に焼きついたのは、デザートでした。
日本にはない種類の、衝撃的に甘いお菓子がたくさんあります。
口に合う、合わないはさておいて、
エジプトでしか食べられないデザートなので、ぜひ食べてほしいと思います。

レストランで頼んだチョコレートケーキはそれだけでも十分甘いのですが
ドレンチェリー(大量の砂糖で煮込んで水分を飛ばした透明の赤いチェリー)
や果物のはちみつ漬けがたっぷりデコレーションされています。
そのケーキが喉が焼けるほど甘いシロップに浸されてでてくるのです。

隣のテーブルを見ても、どのケーキやドーナツらしきものも
シロップに浸されていました。

そして現地の人は、それを食べながら
紅茶にはスプーン4杯分くらいの砂糖をいれます。

異邦人として、一度はエジプト人の限りない甘さへの追及を
体感してみてほしいと思います。

Comments are closed.